読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無感

わたしは何がしたいんだろう。


そう思い始めてから1週間経つ。


家事育児仕事の三足のわらじを履いていると、そんなことを思いながらも、じっくりと考える時間もなく、瞬く間に時は過ぎ去る。


ルーティンワーク。

慣れ。


今はこの決められたサイクルの中で、決められたように動く毎日を過ごす。


ただ、後に残るのは、虚無感。

他の何物でもない、この虚しい疲労感。


どうなりたいのだろう。


ただ、1つ改めて気づいた事がある。


母として、子と接しているその時、幸せを感じる。


一番下の子が3歳をすぎて、

ようやく、

いまさらだけど、

すごく子供達が愛おしい。


わたしのこの虚無感を埋めてくれるのは

やっぱり


子供達なんだろうな。